出産手当金はいくら貰える?金額と申請方法

出産する時に貰える、大事な手当です。
申請方法や金額などをきちんと確認しておきましょう。

出産手当金とは?

被保険者が出産により働けず、給与が受けられない場合に会社で加入している健康保険から支給される手当金の事です。
そのため、国民保険の方は対象外となってしまいます。

対象となる条件

①出産する本人が会社の健康保険に加入している
正社員だけでなく、契約社員・アルバイト・パートでも健康保険に加入していれば支給要件に当てはまります。

夫の会社の健康保険に加入している人や、国民保険に加入している人は対象外となります。

対応機関
協会けんぽ、協同組合、健康保険組合

②妊娠4ヶ月以降の出産である事
妊娠4ヶ月(85日)以降による早産、人工中絶、流産なども対象となります。

③休業をしている
あくまで、出産のために休業しているか、賃金が発生していても出産手当金より少ない場合が対象です。

出産手当金の期間と金額

【期間】
出産前の 42日間 、出産後の 56日間 のうちで仕事を休んだ日数分の金額が支給されます。

予定日より遅れた場合は、その日数分も加算されます。

【支給金額】
支給開始日以前の継続した12ヶ月間の標準報酬月額の平均÷30日×2/3

【例】
標準報酬月額27万円
出産前42日間、出産後56日間休業した場合

支給日数:98日分
1日あたりの金額:270000÷30×2/3=6000円
総支給額:6000円×98日= 588000円

双子の場合

双子などの多胎児の場合は期間が長くなり、98日から取得可能となります。
そのため、多胎児が判明したらなるべく早めに休業などの調整をする必要があります。

ボーナスは反映されない

基本的に標準報酬月額にボーナスは反映されません。
しかし、原則年3回までのボーナスは対象外ですが、4回からは対象になるため、しっかりと確認しておきましょう。

企業側が支払うケースも

企業によっては福利厚生が手厚く、給与を一部支給する場合もあります。
その場合は対象外となります。

有給の使い方に注意

有給を満額もらえる人は2/3を超える人が多いはずです。
そのため、有給を使用していると給与が発生している事になるので対象外となってしまいます。

出産手当金の申請方法

出産手当金は基本的には会社側で申請を行います。
妊婦本人は休業の調整をし、書類を書く事となりますので、時期が近づいたら人事に相談しましょう。

受給資格は持っているか?

健康保険の加入期間などを確認し、会社に出産予定日を伝えましょう。
有給の使い方や過去に取得実績があるか確認しておく事も重要です。

なち
なち

実績がないと、支給が遅れたり不利益を被る可能性もあるので注意しましょう!

健康保険出産手当金支給申請書

健康保険出産手当金支給申請書をあらかじめ記入し、担当部署に渡しておきましょう。

※医師の記入欄もあるので、出産時に一緒に記入をしてもらう必要があります

なち
なち

退院の時に受け取り、そのまま郵送すると負担も少ないですね!

書類を加入の健康保険機関に提出

出産後、会社側が記入を済ませ、機関に健康保険出産手当金支給申請書を提出します。

出産手当金はいつ頃支給される?

出産手当金は産後の申請から1〜2ヶ月後に一括で振り込まれます。
そのため、産休に入って4、5ヶ月後に振り込まれる事となります。

【例】産休をフルで活用した場合
2月1日   産休開始
3月17日  出産
5月12日  産休終了
6月中旬〜7月中旬に振込

このようなスケジュールになるので、遅い場合などは確認してみる事が必要です。